これぞ!!短期高収入バイトだ♪治験アルバイト

治験アルバイトとは?

治験を高額なアルバイトだと思われている方が多いですが、実はボランティアなんです。インターネットなどで高額アルバイトなどで検索すると治験に関する情報が出てきますが、治験はアルバイトではありません!でもどうしてボランティアって普通無償で行うものなのに、治験はどうしてお金(報酬)がもらえるの?と思っている方は多いと思います。そこでまず、「治験参加」についての理解も深めてもらいたいと思います。
★「治験」は新薬開発のためのボランティアです。
治験に参加してくれる方たちをボランティア(被験者)と言います。治験は新薬開発のために行われます。新薬の開発は私たち健康な方や、病気の方、また世の中のために行われている試験・実験です。
つまり治験は新薬開発の協力のアルバイトです

治験参加のアルバイト代

負担軽減費(協力費)は通院か入院かということや、治験内容、施設などにより異なりますが、だいたいの相場は次の通りとなります。

  • 通院…1回につき、7,000円から10,000円ぐらい
  • 入院…1泊につき、10,000円から20,000円ぐらい
  • 原則として、ボランティア登録や説明会に参加しないと、負担軽減費の詳細を教えてもらえません。インターネットなどで事前に紹介されていることはほぼありません。
    今回参加した治験は7泊8日で15万のアルバイトでしたが、探せば50万稼げるアルバイトもあるみたいです。探し方は、とりあえずいろいろな募集サイトに登録してみるのがおすすめです。募集サイトごとに案件が違い日程や金額が違うので、自分にあった案件をみつける為に複数登録するのが、効率がいいです。

    治験参加方法【治験はどこで申し込む?】

    治験と言えば病院というイメージですが、どこでも行われている訳ではありません。「治験を行うルール、【薬事法と国が定めた規定。IRBについて】」でもお話した通り規定で定められているところで行われています。無闇に病院に直接問い合わせの電話をかけても治験を行なっていない病院であれば、行っていないことを伝えられるだけです。
     まずは、ボランティア参加登録をが必要となります。

    その他治験アルバイト募集サイト

    治験の募集サイトごとに募集している案件がことなります。自分の都合の良い案件がない場合は、複数のサイトに登録することをおすすめしております。

    続きを読む